【ExcelVBAを始める前に】手順書を書いてみよう!(ダウンロードファイル有)

ExcelVBA

【VBAを作る前に】手順書を書いてみよう!(ダウンロードデータ有)



はじめに

こんにちは。らっこです。
本日は、初めてVBAを書く人のために手順書ファイルを作成しました。

どんなプログラムを書く時にも言えることですが、ただやみくもにコードを書いてもうまく行きません。
しっかりと手順を洗いだし、それをコードに落とし込んでいく必要があります。

今回は、VBAで初めて開発をする人向けに、手順書の書き方をお話ししようと思います。
慣れてくれば、ここまでしっかりとした手順書を作る必要はありませんが、最初のうちはしっかりとした手順書を作るのがいいでしょう。
手順書さえできてしまえば、コードに落とし込むことはそんなに難しくないですからね。

では、早速はじめていきましょう!

 

ダウンロード

まずは、ファイルをダウンロードしてください。

 

使い方

各シートの説明

業務フローは「業務フロー」シートに作成していきます。

記入例も付けてありますので、参考にしてみてください。

 

各ボックスの説明

開始・終了

業務の開始と終了の際に使用します。


基本的には最初と最後に置くイメージです。

 

処理

処理する内容は基本的にこの中に記入します。



Excelファイルを開く
A1の値をD5セルに貼付け
印刷する…etc

 

判断

条件分岐(if)の際に使用します。



〇月のデータかどうか?
請求書の金額が0円かどうか?
データに空白がないか?

 

繰り返し

繰り返し処理するものはこのボックスを使用します。



sheet1~sheet5にデータを貼り付ける
「データ」シートの内容を1件ずつ「マスタ」シートに転記
条件に当てはまっているか1つずつデータを確認する

 

データ

データを参照したり、マスタを使用する場合に使用します。



請求金額データ
人員マスタ
会社コードマスタ

 

矢印

フローの流れを繋げるために使用します。

 

フロー作成方法

このボタンを押すとボックスを複製することができます。


作成時に役立ててください。

 

今回は請求書のデータを作成するフローを簡単に書いてみました。
横の特記事項に色々と書いてあるように、まだ思考途中のものです。

最初はこのくらいの形のものを作ってみてはいかがでしょうか?
是非参考にしていただければと思います。

 

おわりに

今回は、ExcelVBAを書く前の準備段階である「手順書」の作成について書きました。
是非Excelファイルを活用して、スムーズなVBA開発を進めてみてください!

 

おすすめ参考書

Amazon

たった1秒で仕事が片付くExcel自動化の教科書

いちばんやさしいExcelVBAの教本

ExcelVBA逆引き辞典 パーフェクト

 

タイトルとURLをコピーしました