【VBA道場】#11 変数を使う

ExcelVBA

【VBA道場】#11 変数を使う



問題

変数を使って、下記の文字を表示してください。
変数A 8
変数B 14

セルA1:変数A
セルA2:変数B
セルA3:変数Aと変数Bの合計

完成見本

 

解答

Sub vba_doujyou_11()

 ’変数の宣言
  Dim A As Long
  Dim B As Long

 ’変数に値を代入
  A = 8
  B = 14

 ’A1セルに変数Aの値を代入
  Sheets("Sheet1").Range("A1") = A

 ’A2セルに変数Bの値を代入
  Sheets("Sheet1").Range("A2") = B

 ’A3セルに変数AとBを足した結果を代入
  Sheets("Sheet1").Range("A3") = A + B

End Sub

サンプルファイル(マクロ有)

今回のマクロはこちらからダウンロードしてご使用いただけます。

 

解説

Dim varname As type
varname:定義する変数
type:データ型

変数を使う際は、まず変数を定義します。

Dim A As Long
Dim B As Long

今回は数値を扱うので、データ型は「Long」としました。

文字列であれば「String」、TrueまたはFalseであれば「Boolean」を入力します。
その他の型についてはこちらを参考にしてみてください。

続いて、変数に数値を代入します。

A = 8
B = 14

変数はだと思ってください。
一時的に箱の中に数字を入れておきます。

 

続いて、

Sheets("Sheet1").Range("A1") = A
Sheets("Sheet1").Range("A2") = B

ここで、変数という箱に入れたものを取り出します。

最後は、変数を足したものをA3のセルに表示しています。

Sheets("Sheet1").Range("A3") = A + B

注意したいのは、変数名に「””」の記号をつけないことです。
もし、下記のように変数名に「””」を付けてしまうと

このように文字列として出てしまいます。

 

おわりに

変数はVBAに限らず、プログラミングの基本となります。
しっかりマスターしましょう!今日はここまで!

 

おすすめ参考書

Amazon

たった1秒で仕事が片付くExcel自動化の教科書

いちばんやさしいExcelVBAの教本

ExcelVBA逆引き辞典 パーフェクト

楽天

いちばんやさしいExcelVBA

 

 

すらすら読めるExcelVBA

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スラスラ読めるExcel VBAふりがなプログラミング [ リブロワークス ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

 

VBA逆引き大辞典

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト第3版 [ 田中亨 ]
価格:2838円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

タイトルとURLをコピーしました