【VBA道場】#9 行や列の削除

ExcelVBA

【VBA道場】#9 行や列の削除



問題

4~6行目を削除したあと、4~5行目を削除する。(2種類の書き方で書いてみましょう!)

 

完成見本

 

解答

Sub vba_doujyou_9()

 Sheets("Sheet1").Rows("4:6").Delete ‘4~6行目を削除
 Range("A4:B5").EntireRow.Delete  ’A4~B5セルを含む行を削除

End Sub

サンプルファイル(マクロ無)

マクロなしのファイルはこちらからご利用いただけます。

 

サンプルファイル(マクロ有)

今回のマクロはこちらからダウンロードしてご使用いただけます。

 

解説

object.Delete
object.EntireRow.Delete
object:対象となるRangeオブジェクト

行全体を削除する場合には下記のように指定します。

Sheets("Sheet1").Rows("4:6").Delete ‘4~6行目を削除

行番号は、左側の番号と同じです。
今回は4~6行目を削除するので、Rowsの後に4:6を指定します。

他にも、使い慣れているRangeやCellsを使って削除することも可能です。
その場合はEntireRowを使用します。

Range("A4:B5").EntireRow.Delete  ’A4~B5セルを含む行を削除する

EntireRowの前にRangeやCellsで範囲を指定します。
EntireRowプロパティは、「Range(“A4”)」のように指定すると「A4を含む行全体」を削除することができます。

 

終わりに

本日は行を削除する方法について勉強しました。

行の削除は書式を設定したり、データを整理したりするのに非常によく使います。
是非マスターしましょう!

今日はここまで!

 

おすすめ参考書

Amazon

たった1秒で仕事が片付くExcel自動化の教科書

いちばんやさしいExcelVBAの教本

ExcelVBA逆引き辞典 パーフェクト

 

楽天

いちばんやさしいExcelVBA

 

 

すらすら読めるExcelVBA

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スラスラ読めるExcel VBAふりがなプログラミング [ リブロワークス ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

 

VBA逆引き大辞典

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト第3版 [ 田中亨 ]
価格:2838円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

タイトルとURLをコピーしました